訪問マッサージのフランチャイズ(FC)開業で成功したい人必見!サポート充実の業者を厳選紹介!

評判のいいお店作り!成功している店舗は〇〇に力を入れている!?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/08/02

訪問マッサージのフランチャイズを開業したならば、成功したい物です。その為にはクライアントからの依頼が多くなる様な工夫が必須となります。

その工夫について訪問マッサージで評判が良い店舗に共通する物を1つずつ確認していきます。店舗毎の差異は勿論ありますが、同時にこれだけは外してはいけないという物を厳選しました。

オーナーと店舗スタッフの意識の共有に力を入れている

評判が良い訪問マッサージのフランチャイズでは、スタッフとオーナーの意識の共有がしっかりしている事が多いです。訪問マッサージはフランチャイズにもよりますが、マッサージ師や鍼灸師、柔道整復師と言った国家資格保有者により施術が行われます。

ただ、同じ養成課程を経ているマッサージ師であったとしても、個別の差異は必ず出て来ます。その延長として現場において、それぞれが好きな施術を開始してしまうと、クライアントが不公平感を持ち悪い評判に繋がるリスクが出て来ます。骨折や脱臼等の事故の心配もしなければいけません。

人相手の仕事ですので、予定外の事は普通に起きる物ですし対処法も必ず一定の物があるとは限りません。ですので、個人裁量で良いと思った技術を使う事が必ずしも悪いという事では無いです。ただ「こういう事で対処してほしい」という事でオーナーと店舗スタッフが話し合っておく事は必ず行う必要があります。

制度や経費、スケジュールの問題とも関わって来ますので、此処が雑になっていると他の面でも同じ様な問題に繋がる事が多いです。スタッフとオーナーのコミュニケーションが円滑である店舗は評判が良いとも言い換えられますし、必ずチェックしておきたいポイントになります。

マーケティングを重要視している

訪問マッサージは腕があれば、クライアントも集まってくるという様な考えもあります。確かに技術が高いに越した事はありません。ですが、活動地域の需要によっては求められるマッサージ法も全く変わる事があります。

そこを軽視すると良い評判に繋がりません。マッサージは強い方が気持ちが良いという事でかなり力強くマッサージをする施術者が居たとして、肉体労働系のクライアントが多い地域だったら、そのままの施術でも問題はありません。

ただ、もしも周辺が高齢者や女性クライアントが多いのでしたら、そのままの施術では痛いと思われるリスクが出て来ます。高齢者の場合でしたら骨粗鬆症の影響で、骨折するかもしれません。マッサージ師が技術の強弱緩急を使い分けられるなら、問題が無いという見方もあります。実際その面も無いではありません。

事前情報がある程度集まっているのなら、それに合わせて店舗としての注意喚起や準備をする事が出来ます。準備が無いまま現場でいきなり遭遇するよりは、準備があった方がサービスの質も高められますので、外さない手はありません。

他社との差別化という点でも、事前調査が無いままに同業他社が多い地域で営業する事になると厳しい事になってしまいます。その為にもマーケティングは欠かせません。良い評判の所はマーケティングを間違いなく重視しています。

クライアントに十分な配慮をしている

訪問マッサージは、その性質上密室で1対1で向き合う様な事が多いです。その時、施術者やクライアントが同性同士とは限りません。異性相手の場合はドアを開けて密室にならない様にしたり、必要に応じて何らかの同席者を用意する等の配慮を必ずする必要があります。

場合によっては同性同士でも、同じ様な配慮はしないといけません。 単純にクライアントが緊張しない環境作りをするという意味もありますが、配慮が十分で無い場合後でトラブルに繋がる事もあります。

クライアントが精神的に不安定でパニックを起こしてしまう様な事も考えないといけませんし、その延長でセクハラを受けたと言われてしまう様な事もあります。 認知症の人に施術する場合は症状について事前に勉強しておく事も配慮になりますし、排泄関係のトラブルと遭遇する事を想定し替えの服等を用意しておく事も同様です。

服が汚れる事も想定し、準備していた事が分かればクライアントの心労も軽くなります。呼び出したマッサージ師から金品を奪うという犯罪等もありますので、スタッフの安全管理という意味でも密室状態にならない配慮は大きいメリットと言えます。

場合によっては、施術者の技量以上に重要になってくる事も出て来ます。配慮をしている事と店舗全体の評価を直結で考える人も少なくありませんので、実力がある店舗程重視している事が多いです。

ビジネスマナーがしっかりしている

マッサージの技術が高くても、ビジネスマナーの低さで評判が台無しになってしまう事もあります。不潔な服装であったり、不愛想な話し方であったりするとそれは大きいマイナスです。成功しているマッサージのフランチャイズの場合はマナー教育も相当重視しています。

マッサージとはある種のコミュニケーションです。施術者に施術して貰う事で緊張が解けて、体の調子が良くなれば成功したと言えます。ビジネスマナーが雑であり、服装も使う器具も不潔である様な施術者だった場合は緊張の方が先に立ってしまって逆効果になってしまいます。不愛想過ぎて息が詰まる様な施術者でも同様の事が言えます。

マッサージは人相手の事ですので、場合によっては相性が悪いという事も無くはありません。ですが、単に体の仕組を熟知して機械的に特定の方向に体を動かせば良い施術が出来るのかといえば、それは違います。施術中の雰囲気も含めてマッサージですので、場合によっては施術以上に会話の方が重要になる様なケースも珍しくありません。売れている店舗ではこの点も共通しています。

技量向上に熱心である事が多い

フランチャイズ全体で施術者に必修の勉強会を開いている事も多いですが、スタッフの技量が向上する機会を多く設けている店舗は高い評判である事が多いです。スタッフも勉強熱心である事もポイントと言えます。

マッサージは人相手の事ですので、技術研鑽をしないといけません。臨床数の多さも重要ですが、ベテランや専門家による定期指導で知らない間に付いてしまった癖の修正や、新しい技を教えて貰える機会がある事は必須と言っても良いです。他人の成功例や失敗例を聞けるというのも、技術を向上させるには重要なポイントになります。

他にも、医学は日々進んでいますし、マッサージ業界全体として出て来る問題も色々な物があります。感染症対策等季節によって内容が変わってくる物もあるので、より良いサービスを提供し続けるには、最新の情報をスタッフもオーナーも全員聞ける様な体制が出来ている必要があります。

表からは見え難い所ですが、このポイントを外してない施術者でしたら、体に関する質問であればかなり細かい所まで返事をして貰えます。病院に聞くしかない様な部分とマッサージで対応出来る部分もしっかり分かっている事が多いです。

予算やスケジュール等の管理に力を入れている事が多い

良いフランチャイズは、予算やスケジュールについてしっかり管理しています。訪問マッサージにも経費が掛かります。有資格者によるマッサージの場合は後で保険の申請等の手続きもありますが、予算の管理が雑であれば経営自体が成り立ちません。

雑なまま放置しておくと、本来掛けなければならない部分の予算を削る様な事にも繋がりますし、無理なスケジュールの設定にも繋がって行きます。そうなると遅刻等も発生しやすくなりますので評判も悪くなってしまいます。

実働スタッフとしてのマッサージ師も人相手の事ですので、体力と気力の限界があります。良い施術をするには、十分休む時間を確保しないといけませんし、担当したケースについて検討も必要です。 オーナーは、会社経営が初めてという事も少なくなく、それぞれのフランチャイズでその分をフォローする為の制度を整えている事も少なくありません。

ただ、経験の有無に関係無く予算とスケジュールの管理は必ず出来なければいけないポイントです。上手く行っている所は勉強会等でも、その部分がしっかり指摘されますので、必ず確認しておく事をお勧めします。

 

スタッフとオーナーの意識の共有と、予算やスケジュール管理がしっかりしている事が重要です。そこにビジネスマナーとクライアントへの配慮にマーケティングが加われば、申し分ありません。

その上で技術向上に熱心で勉強会を多く設定しているならば理想的です。良い所であれば、これらは間違いなく共通していますので確認してみる事をお勧めします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧