訪問マッサージのフランチャイズ(FC)開業で成功したい人必見!サポート充実の業者を厳選紹介!

訪問マッサージのフランチャイズを開業するにはどれくらい資金が必要?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/02

脱サラなどをしてから、または別の収入を得るために訪問マッサージのフランチャイズを始めようと考える人も多いです。

フランチャイズだと専門的な知識や経験が無くても開業をすることが可能ですが、契約を結ぶときにも開業資金がかかります。開業するためにはどれくらいの資金が必要となってくるのか紹介していきます。

フランチャイズには主に3つの業種に分類されている

フランチャイズは訪問マッサージだけでなく、他にも色々な業種があって小売業や外食業、サービス業などさらに細かい業種に分類することも出来ます。

小売業は商品の販売を行っているフランチャイズが主で、コンビニやスーパーなど生活に欠かせない業種となっており、大手の存在感が大きいです。買取専門のビジネスを取り扱っている種類だと小さいスペースでも開業がしやすく、これからの需要も期待されています。

外食業はどの時代でも需要が高くてやりがいがあり、個人で料理の味を追求して極めることはとても大変ですが、フランチャイズだと既に詳しいマニュアルなども揃っているのでそれほど苦労をすることもありません。

訪問マッサージも当てはまるサービス業はとても細分化されていて、ユニークなものが多くこの市場市場は年々増えています。今後の成長も見込まれていてオーナーの希望者も多くなっているのが現状です。

例えば、小売業だとコンビニ以外にパンの製造販売や金券ショップ、はんこ販売やリサイクルショップなどがあり、全国展開しているコンビニだと初期の開業で、100万円程度の加盟金が必要です。これにつり銭や営業許可料などで50万円も必要なので、開業資金は150万円です。

小売業や外食業の主な開業に必要な資金について

小売業としてフランチャイズ加盟するときには、それぞれの本部の契約内容によって準備が必要な資金も違ってきます。例えば有名なコンビニには2つの契約タイプがあり、土地と建物を本部が用意すると250万円、契約者が用意すると300万円になります。

パン屋だと加盟金は50万円、商品代が50万円で設備投資費が1,400万円と高額です。これも別の移動式のパン屋だと車両と資材一式で350万円程度です。 金券ショップは他に着手金や開業金券在庫、運転資金や設備投資、研修費などがかかり280万円程度となります。

はんこの店は既存店と専業で金額が異なり、リサイクルショップは初期在庫や広告宣伝費、内外装設備費や開業準備金なども含まれていて目安として1,990万円でリースも出来ます。

外食業だとファーストフードやラーメン、弁当や焼き鳥などがあり、ファーストフードだと開業資金の目安は3,480万円と安くはないです。これも業種の種類によってかなり金額に差があり、比較的安価で済む場合から、かなりの費用がかかる場合もあります。

サービス業で必要な開業資金について

サービス業を取り扱っているフランチャイズは多種多様にあって、インターネットを利用した集客も見込まれるので広告費もそれほどかからず、少ない資金から開業が出来ます。訪問マッサージ以外にハウスクリーニングや、リペアや介護、学習塾や買取販売などがあります。

ハウスクリーニングは自宅を事務所にできるため設備投資費を除くと50万円から始められて、固定ロイヤリティも0円と少ない運転資金で開業が出来ます。リペアだと330万円かかりますが、各種ローンを利用すると頭金0円でも可能です。女性でも始められる壁紙リペアだと60万円ぐらいで、資金以外の費用が一切かからないところも見られます。

介護サービスを取り扱っている訪問マッサージだと200万円で、2店舗以降だと0円になり学習塾は355万円かかります。他にも個別指導塾は480万円、買取販売の目安は500万円から1,300万円ですが、最低資金は200万円程度です。これは店によって色々なプランが用意されているので自分が準備出来る予算にあわせて選択することも可能です。

訪問マッサージの基礎知識について

訪問マッサージは寝たきりの人や自力で歩行が難しい人を対象にした、国家資格を取得しているあんまマッサージ師・はりきゅう師が自宅や入居施設などを訪問して施術をするサービスのことです。施術で寝たきり防止や自律的な動作のサポートを行えて、現在問題になっている高齢化社会でも需要が高まっています。

実際にそれにあわせるように脱サラをしてから訪問マッサージをしたいという方も少なくないですが、始める前には最低でも揃えておかなければならないものがあります。 まず、パソコンや固定電話と携帯、名刺と自転車や自動車などの移動手段、タオルに施術者の賠償保険と開設届、受領委任の届け出です。開業したいと思った時には、有資格者の施術者が開業するにもオーナーとして開業するにも必ず必要となるものです。

訪問専門だとテナントを借りる必要がなく、治療ベッドさえあれば自宅でも開業が出来るので全て新しく購入しても20万円程度から始めることは可能です。主な仕事は営業と施術、事務関係ですがオーナーだと有資格者を採用してからになるので求人もすることになりあます。

求人を出す場合は、求人サイトで募集をかけることが多いので毎日の作業ではありません。オーナーだと業務の分担が出来て自分に何かあっても仕事は回りますし、自身が有資格者兼オーナーだと直ぐに開業届が出せます。

自社で雇用する方法とフランチャイズとの違い

訪問マッサージには主に、立ち上げ経験者を自社で雇用する方法と、フランチャイズに加盟、コンサルティングを利用する方法があります。立ち上げ経験者を雇用する場合は稀で、協力者がいる時は心強くて外部や書籍などで学ぶ必要もなく開業コストも削減出来ます。

経験があるのでわからないことも解決しやすくてコストも抑えられますが、経験者と知り合える確率は低く自社のスタッフとして長く付き合ってくれるかの見極めも欠かせません。軌道にのったあとのトラブル防止策やノウハウを得るために勉強をする時間、営業法がわからないとセミナーやコンサルティングを頼ることもあります。

フランチャイズだと未経験でも何でもサポートをしてくれるので安心ですが、一度加入すると長くそこで行っていくことになり、開業実績にとらわれずに開業前から後の長い期間をよく考えなければいけません。

メリットは実績が既にあり、採用から集客までのサポートが揃っていて困った時にも相談が出来ることです。その一方で初期費用として約100万円から800万円かかり、ロイヤリティが廃業するまでかかります。これは約5~25%ですが会社によって違い、自身が目指す方向での事業推進がやりにくく、成功するかも自己責任です。

開業してから失敗を防ぐためには

どの開業でも言えることですが自己流で行うのはかなり危険で、訪問マッサージの書籍なども販売されていますが初めは誰かのサポートを受けた方が良いです。サポートを受けるときは必ずそのやり方を素直に聞き入れてからそれを実践することも大切です。 サポートを受けても自己流で行っては成功も遠のいてしまうので、業界の先輩の意見や教えなどに素直に従って実行するのがおすすめです。

最も多いのは収益モデルがイメージしていたのと違う場合で、最初に10年後のビジョンを描いておく必要があります。この思い描いているビジョンと違いが出てきて後悔するというオーナーも多く、それをなくすためには事前にシミュレーションをしてみることです。

また、契約書もつい見逃してしまいやすいですが、これには重要なことがたくさん書いてあります。ロイヤリティや初期費用以外に発生するお金や、契約期間や解約の違約金、店舗名の制限や複数に展開したときに費用が別にかかるかなどです。他にも地域制限やノウハウを裏付ける実績、困った時に丁寧に対応してくれるかなども重要です。

 

フランチャイズなら未経験でも簡単に始められるといっても最初にそれなりの費用はかかりますし、実際に利益を上げて長く運営を行っていくとなると、やはりそのための知識や努力なども欠かせません。サポートなどもあるのでこれを上手く活用しながら、先のこともしっかりとシミュレーションを行ってから契約を結ぶことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧