訪問マッサージのフランチャイズ(FC)開業で成功したい人必見!サポート充実の業者を厳選紹介!

訪問マッサージの独立開業!成功する人しない人の特徴とは?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/08/02

訪問マッサージのフランチャイズとして、独立開業したならば誰でも成功したい物です。ですが、失敗してしまう人も少なからずいる物です。

そこで訪問マッサージを開業した場合に必ずチェックしておくべきポイントに付いて述べていこうと思います。

訪問マッサージもマーケティングが重要

訪問マッサージは技術があれば良いという物でもありません。確かに按摩マッサージ師のような体の国家資格を持っている等、一定以上の技術があった方が良いのは確かです。

ですが、周辺地域に同業他社が乱立していたり、自分の技術と周辺で多発する症状の相性が悪い等の条件が揃ってしまうと勝ち残るのは難しくなります。差別化出来る特別な技術を習得しているという様な事が無ければ、その他大勢の中に埋もれて、失敗という結果になる事も珍しくありません。

例えばオフィスワーカーで神経性の疲れを抱える人が多い地域で開業するのでしたら、緊張が一気に緩んでリラックス出来る様な施術の需要が多いです。逆に体を動かす事が多い様な地域でしたら、体の動かし過ぎによる痛みをフォローする様な施術が良いですし、場合によれば不調部分を補うトレーニング法や器具等も研究して教える方法を取る事でリピーターを増やす事も狙えます。

自分の技術が周辺の需要事情に上手く付け込める余地が多い物なのかは、しっかり考えておく必要があります。他社対策についても、同じ条件で似たような層を取り合う場合は勝ち目が無くても、一歩引いた所で営業する場合は住み分け共存が可能になる様なケースも少なくありません。

技術の上手下手に隠れてしまいがちですが、フランチャイズと契約し成功したいのでしたら、マーケティングを重要視している会社と契約する事を強くおすすめします。

勉強会重視のフランチャイズもおすすめ

フランチャイズの訪問マッサージの場合、未経験の人でも出来る様な研修体制が整備されている所が多いですが、勉強会が多い所と契約するとメリットが多いです。自分と似たような性質を持つ地域で活動している人のケース報告は成功も失敗も含めて、とても参考になります。

場合によっては、1人では思いつかなかった様な角度の意見に触れられる様な事もありますし、良い刺激も受けられます。他にもマッサージは人に施術する技術である以上、上手下手は間違いなく出て来ます。とにかく場数を踏んで経験を積まない事には始まらない部分も多いですが、定期的に上級者の指導が受けられる体制があれば変な癖が付いてしまう心配も最小限で済みます。

人脈作りという意味でも機会を見過ごすのは得策とは言えません。 訪問マッサージで失敗してしまうケースで多いのは、惰性に慣れ切ってしまい大体内容が分かったという事で勉強をしなくなってしまう事です。人を相手にする事である以上、思いもよらない事態は発生してしまうと思いますので、その対策の意味でも成功したい場合は勉強の機会を有意義に活用する事です。

配慮不足でトラブルを起こす事が無い様に注意

訪問マッサージはその性質上、1対1で密室でクライアントと対峙する事になる場合も少なくありません。施術者とクライアントが異性である様な場合は、必ずこういった状況を想定し配慮をしないといけません。ドアを開けて密室状態にならない様にしておいたり、異性の助手に同行して貰ったり、場合によってはクライアントの方に誰かに同席して貰えるかを聞いてみる等も対策となります。

こういった配慮は、クライアントに不安を与えない為の配慮であると同時に自分の身を守る為でもあります。クライアントによっては精神的に不安定である事も珍しくありません。相応の対策をしておかないと後にセクハラ問題などで訴えられてしまうリスクも現実味を帯びてきます。

他にも、やってきた訪問マッサージ師を拘束して金品を奪うという事件等も発生しています。しっかりとした経営と成功の為には必ず対策をしておかないといけません。これ以外にも事前に活動する地域全般の事情や多い職業、問題を研究して何か話題になった時に話を聞けるだけの予備知識を身に付けておくといった事も配慮に入ります。

使う機材や自分の服装を綺麗な物にしておく配慮も長い目で見た時に、口コミ等で大きく響いて来ます。必ず対策する事を強くおすすめします。

習得した技術の長所短所を把握する

不調部分を改善する場合、同じ箇所でもマッサージの流派によって複数の方法があります。中には名前が違うだけで実質同じという場合もありますが、考え方から方法まで全く違うという事も多いです。

実際にクライアントに施術する場合でも、単純に本人の好き嫌いが影響する事もありますが、ある人に効いた技がこの人には効かないという様な事も珍しくありません。他にも同じ症状に見えても、実は病院の方で診て貰わないといけない病気から来ていた等という怖いケースもあります。

独立開業してやっていく場合、自分の習得した技術について強弱緩急を含め、適応可能か不可能かといった点まで見極める目を必ず持たないといけません。全く見当が付かないという場合には施術をしないという事も判断としてはあり得ます。

例えば、高齢者が多い地域で活動するのでしたら、骨折や脱臼に繋がらない様な力加減で施術出来ないといけません。他にも骨粗鬆症や認知症に関する勉強等もしておいた方が安定します。勉強しておけば不安な兆候があった場合にタイミングが計れます。

他にも、医者に診てもらった方が良いと判断した場合にはしっかり伝えられるかどうかも重要になってきます。事故予防という意味でも決して外せないポイントですので、必ずチェックしておく事をお勧めします。

クライアントはマッサージに何を期待しているのか

マッサージとは一種のコミュニケーションでもあります。単純に腰や首が痛いという事で、状態を改善して欲しいから依頼するというクライアントも勿論少なからず居ます。ただ、意識的か無意識的かは別にして誰かとコミュニケーションを取りたいという事で訪問マッサージを依頼してくる様なタイプの人も多いという事は必ずチェックしておくべきポイントです。

単純にマッサージの腕だけを見込んで依頼をしているのではなく、コミュニケーション込みで来て欲しいと考えているクライアントが居るといった部分を軽視してしまうとリピーターを増やす機会を逃してしまう事にも繋がります。

勿論、マッサージの技術が優れている方が良いのは間違いありません。その上でコミュニケーション能力が高いというならば理想的となります。ですが、時と場合によっては、施術を最小限として後は聞き役に徹するという事の方がだいぶ落ち着くという事も多いです。

会話が優先になってしまい、予定の施術が出来ないという様な時には施術者も動揺もしますが、予定よりもその場の様子をよく見る方を重視した方が良い結果にも繋がります。この点についてもチェックする事をお勧めします。

利益をしっかり追求する事も忘れずに

人に喜ばれる仕事であるという事で、採算を度外視してマッサージをする人も居ます。ですが、必ず利益の事も考えて経営をする様にしないといけません。活動範囲についても、呼ばれたら身銭を切って何処へでも行くという様な考えの人も居ますが、交通費や手間賃を考えて赤字になるならパスした方が良い事も少なからずあります。

施術には集中力と体力が必要になりますし、機材も使い回しにするわけにはいきません。清潔にしておく為にも一定の労力は掛かります。そこを無視してしまうと集中力欠如を招いて事故にも繋がりやすいですし、経営も長続きしません。現実問題として出来る事と出来ない事はありますので、予算については厳密に管理する事は必ず忘れない様にして下さい。

訪問マッサージフランチャイズでは、経営の方でも多くの場合はサポート制度があります。アドバイザーに不安な事を聞いてアドバイスしてもらえたり、経営の方法をテーマにした勉強会がある事も少なくありませんので、マッサージの技量向上と同じ位にそういった機会も有効活用する事です。成功と失敗を分ける分水嶺と言っても過言ではありません。

 

マーケティングと予算の管理、そしてクライアントに対する配慮が成功と失敗の分かれ目という事です。勉強会の機会は経営的にもマッサージの技術という意味でも、必ず外さない様にする事をおすすめします。

その上で、活動地域や遭遇しやすい症状について自分でも研究する様にしておけば、より良い結果に繋がります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧