訪問マッサージのフランチャイズ(FC)開業で成功したい人必見!サポート充実の業者を厳選紹介!

店舗経営・運営のノウハウを身につけて、訪問マッサージ業が大成功!?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/09

訪問マッサージのフランチャイズで成功するには、運営と経営のノウハウをしっかり習得しておく必要があります。マッサージの技量が高いに越したことはありませんが、組織を回すには予算の管理を始め、しなければならない事が沢山出て来ます。

スタッフの事も色々考えないといけません。ここでは特に重要なポイントについて厳選しました。

保険申請の問題はクリアしていますか?

国家資格である按摩マッサージ指圧師の資格を持ったマッサージ師を雇用して仕事をする場合、マッサージの施術は保険適用が効きます。マッサージ師の雇用に本部の方針が関係する事も多いですが、有資格者を雇用するのでしたら此処は必ず確認しておくべきポイントです。

申請してから実際に振り込まれるまでは3ヶ月から6ヶ月のタイムラグもありますので、経営計画を立てる場合には必ず誤差がある事を計算しておかないといけません。 訪問マッサージのフランチャイズは、経営ノウハウとして保険申請の代行や、タイムラグ分のお金を肩代わりしてくれる様な制度を持っている事も多いです。

フランチャイズのオーナーは必ずしも企業経営の経験があるわけではないので、複雑な部分を補う為のサポート制度が大抵の場合は設定されています。 他にも施術者が書類作成に必要な情報を簡単にまとめられる様なツールを提供している事もありますが、契約前に内容は必ず確認する様にして下さい。経営の成否にも大きく関係しますので、保険申請関係は特に重視する必要があります。

ターゲット層の研究は出来ていますか?

訪問マッサージと言っても、オフィスワーカーや高齢者等、どの層を狙うかで対策も色々変わります。オフィスワーカーで行くにしても、外回りが多い会社が周辺に多いのか、デスクワーク中心なのかで疲労の質にも差が出ますし施術も考えないといけません。

女性専用で行く等の特徴付けをするのでしたら更に工夫が必要があります。 高齢者の場合に特に問題になりやすいですが、人によっては骨粗鬆症等の問題を抱えている事も多いです。

ベテランのマッサージ師であったとしても、今まで全く違うターゲット層を相手に活動していた場合、違う場所で働くには慣れる時間が必要になります。 他で活動していた人が高齢者を中心にするとしたら、骨粗鬆症や認知症等扱うのが難しい病気への注意喚起しないといけません。場合によっては、病気についての店舗講習を開く等の対策もした方が良いです。

逆に高齢者からオフィスワーカーの方に移るという様なパターンの場合には、力加減を強めにする様な打ち合わせをしておいた方が慣れるまでの時間短縮にもなるでしょう。ターゲット層の研究は、事故防止の研究にも直結しています。円滑な経営をしていくノウハウとして外す手はありません。

後は周囲の同業他社のサービス内容の検証も出来れば、更に理想的です。サービスの差別化を考える事やターゲット層が克ち合わない様な工夫等も良い仕事の為の必須条件になります。

ビジネスマナー研修はしっかりしていますか?

運営側として特に注意しなければいけないポイントに、ビジネスマナーの研修があります。人の体に触れる仕事である以上不潔な身だしなみは論外ですが、明るい挨拶や丁寧な言葉遣い等は仕事の成否にそのまま直結します。

信用出来ない相手を前にすると、体は緊張する物です。マッサージ等は特に顕著ですが、場合によっては怪我させられるのではないかという様な不安を感じてしまえばリラックスする所ではありません。施術以前の段階で不安を感じられてしまうと、内容が良かったとしても効果を実感してもらえない事も出て来ます。

運営としては、リピーターに増えてもらう必要がありますので、ビジネスマナー対策は必須と言っても過言ではありません。人相手の事ですので、どうしても相性の問題が出る事もありますし、技術に満足してもらえない事も出てきます。ただ、最低限のビジネスマナーが出来ているなら、悪評に直結するとまでは行かない物です。

マッサージの技術とは、コミュニケーション能力と体を扱う技術の2つ揃って大きい効果を出す物ですので、場合によったら施術ではなく会話の方が重要になる事も少なくありません。ビジネスマナーは仕事の成功第1歩としてマッサージではとても重要なポイントになりますので、必ず確認する様にして下さい。

クライアントの負担対策は十分ですか?

ターゲット層によって、追加になる事もありますが運営は多くの状況を想定しておく必要があります。思わぬ形で起きるトラブルもありますが、事前に対策を採る事が出来る物も多いです。

密室で施術者とクライアントが異性同士で1対1になってしまう状況等が代表的なケースになります。場合によっては、精神的に不安定なクライアントからの依頼があるという事も十分考えられます。余りに負担を掛けてしまうとパニックになってしまう様な事があるのも想定しなければいけませんし、セクハラで訴えられるリスクも無いとは言えません。

不安がある場合には、女性マッサージ師を可能ならば送るべきですが、ドアを開けて密室状態を作らない様にしておくだけでも随分違います。同席者の手配であったり、体に触る度合が少ない施術を選ぶ様にする事等も対策としては有効になります。

更に緊急時の連絡方法もスタッフと研修等で話し合っておければ理想的です。管理側が多くの配慮をしている事は、スタッフにも伝わります。安心して働ける環境の整備はクライアントに良い施術をする上でも重要ですので、外せないポイントです。

スケジュールと予算管理はしっかりしていますか?

確実で安定したマッサージには、スケジュールに余裕が必要です。マッサージは人への施術行為ですし、事故防止等に神経も使います。訪問マッサージでしたら移動の時間も掛かります。余りにビッシリしたスケジュールを用意してしまうとスタッフが消耗してしまいます。

人手が足りているかどうかにも関わってきますが、施術スタッフとクライアントの相性も機会がある毎にチェックをしておくと随分変わります。 仕事である以上是非も無いという考えもありますが、中には施術スタッフが特定のケースに疲れ果ててしまう様な事もあります。

カウンセリングや介護関係等では多く取り上げられる事ですが、精神的に不安定なクライアントと接していると、施術者も余裕が無くなってきます。悪くすると鬱やPTSDになってしまう事もありますし、感情的な対応をしてしまえば事故にも繋がります。誰かと相対する要素がある物では共通であり、マッサージも例外ではありません。調整が効くスケジュールは対策として最重要ですので、特に注意する様にして下さい。

管理として、予算の問題も同じ位しっかりしておかないといけません。交通費や雑費等、経費の管理が雑だと経営全般に響く問題に響きます。マッサージを求められたら何処へでも行くべきだという考えの人も居ますが、体力と予算の兼合い等で出来る範囲を考えておかないといけないという事です。

継続した勉強会があるフランチャイズですか?

フランチャイズの形式によっては、スタッフの手配から店舗の運営までほぼ本店が代行してくれる様なパターンも無いではありません。ただ、そうではないのでしたら、未経験の人でもしっかり継続した勉強会があるのかどうかは必ず確認する様にして下さい。

学生時代とは違って、オーナーをやる以上は仕事をしながら学んでいく事になります。会社経営で、その上訪問マッサージ業という事になると保険関係も含めて難しい部分も多いです。整理されていて、分かりやすくノウハウを教えてくれる様な勉強会が継続的に設定されていないと店舗の運営に支障をきたします。

人脈作りや、同業他社の情報を仕入れるという意味合いでも軽視出来ませんので、経営勉強の機会は重視して下さい。 施術するスタッフの方の勉強会も同じ位重要です。最新のマッサージ技術や熟練者に手直してもらう事もそうですが、特に重要なのがケース研究です。

活動地域の性質が似ている店舗スタッフの報告は事故防止の面でも、新しいサービス模索の意味でもメリットが大きいです。 本部設定の勉強会以外でも、ケース研究は普段からスタッフ同士で行っておくと、スケジュール管理や行動指針を共有する意味でも有効ですので忘れない様にして下さい。

 

保険申請関係と地域に応じたクライアントの研究、そして事故防止の配慮をスケジュールや予算の管理をしっかりしておく事が最重要のノウハウです。スケジュールは相性問題での事故を防ぐ為には特に重要ですので、必ず余裕がある設定にするのが組織運営のコツになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧