訪問マッサージのフランチャイズ(FC)開業で成功したい人必見!サポート充実の業者を厳選紹介!

エリアの選定は必須!?フランチャイズの開業と地域の関係性を解説

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/08/02

訪問マッサージのフランチャイズを始めるならばどのエリアを中心に活動するのかの選定はとても重要になります。自分が普段活動の中心としている地域から大きく離れすぎると、活動が難しい面も出て来ます。

そこで、開業の時に考えておいた方が良い地域との関係性について述べていきます。

エリアを選定する理由

現代はストレス社会であり、少子高齢化も加速しています。そんな中、訪問マッサージの需要も増加傾向にあります。つまり、注意していないと同業他社が多数存在する場所で開業する事になる場合もあるという事です。訪問マッサージのフランチャイズという事で仕事をしますので、本部から多くのサポートを受ける事は出来ます。

ですが、周りに競合相手が多いならば差別化の方法も相当に考えないといけません。仮に良い方法を思いついたとしても、同業他社の方が費やせる資金が全く違ったりすれば考えたサービスを真似されてしまう事も有り得ます。最重要なのはマッサージの腕であり、腕前があるのならば必ず訪問マッサージの依頼もある筈という考えもあります。

ただ、人間である以上自分に近いか、ずっと格上の人間は居る物です。そういう人達と数多く戦う事になる様なエリアで仕事をするよりは、克ち合ったとしても最小限になる様な所で営業した方が安定した企業経営が出来ます。

他にも、地域の特性として起きる不調が想定しやすい事も多いです。周囲の居住者の労働内容により腰や肩等、壊しやすい部位と壊れ方の違いも出て来ます。出やすい症状と状態が事前に推測出来るなら、その部分のマッサージの練習や勉強を多くする事でサービス内容を充実させる事も出来ます。

マーケティングを重視しているか

訪問マッサージのフランチャイズ契約をするにあたり、開業時にどの位のサポートがあるのかのチェックは重要です。ただ、その影に隠れてしまいがちな物としてマーケティングを重視しているフランチャイズなのかどうかも必ずチェックしておく事をお勧めします。資金に合わせた開業プラン等を複数用意出来る所だと理想的です。

マーケティングがしっかり出来ているという事は、周辺地域にどういった需要があるのか情報が多く集まっているという事です。その情報に基づき対処法を考える事も出来ますので大きいメリットがあります。オフィス街や住宅街の営業だとしたら、相手が異性である場合の配慮等を考える必要が出て来ます。密室で1対1という状況は施術をする方もされる方も大きい不安を感じる事もありますので、ドアを開けておくといったような予防措置の準備は必須となります。

他にも肉体労働系の人が集まっていて、あまり細かい事を気にしない様な人達が多い地域性というのでしたら、結構力を込めた施術内容を準備した方が喜ばれます。逆に高齢で寝たきりの人が多い地域でしたら力を込めた施術は骨折のリスクが出ますので、違う方法を充実させないといけません。

そういった戦略を立てる上で、マーケティングは必須の項目と言っても過言では無いのです。何らかの形で必ずフォローしておく事を強くお勧めします。

地域によって求められる技術は異なる

クライアントがマッサージに対して何を期待しているか、そして施術者はその期待にどの様に応じていくのかという事を考えていかないといけません。腰の状態を改善させたいという要望があったとして、地域によって全く違う方法をとった方が良い場合は少なからずあります。

例えば地域によって、マッサージである程度状態を改善させた後にサポートにある種のトレーニング法を教える様な方針が良いといった場合も多いです。地域の特性として、体を使って働く仕事が多くスポーツの愛好家も多い様な事もあります。そういう時にはマッサージと一緒にトレーニング法等を教えると率先して実行してくれたりもします。

施術中に話題を振るにしても、体の話を共通の話題にする事で間を持たせる事が出来ます。ですが、オフィス街で神経性の疲れが多い様な場所では話が全く変わって来ます。とにかく疲れ切っており、緊張を除去して眠りたいのだという様な人に対してトレーニング法等と言い出しても論点が外れてしまいます。

そういう物よりは、施術後にすぐ眠ってしまう様な緩む度合が強い施術の方が評判が良くなります。しっかり体を回復させるという方向で進めた方が良い場合や、緊張を取る事が重要であり他の面は後で考えた方が良い場合等、相当に変わります。自分の技術の強弱緩急の使い分けは勿論ですが、可能ならば複数の技術のストックを持っておく事をお勧めします。

高齢者が多いエリアで注意すべきポイント

高齢者が多いエリアで活動する場合には、骨折や脱臼を警戒しないといけません。骨粗鬆症も代表的な症状ですが、手に少し力を込めただけで骨が折れる様な状態のクライアントも多いです。自分でそれが分かっている場合はまだ良いのですが、自分の体の危ない状態に全く気付いていない場合もあります。

そういった体の弱さに注意していないと、事故に繋がりますのでとても危ないです。強い施術をしてほしいという人もかなり居ますが、必ずクライアントの体の状態とバランスが取れた技術でやる様にしないといけません。

心理状態にも一定の注意が必要で、寝たきりになった人が居たとして、鬱病の様な状況にある人も居ます。他にも本人が依頼をしたのか、家族が依頼したのかという事でもまた変わりますが、とても感情的になっている人が多い中での施術になる場合も考慮の必要があります。

認知症の対策等も含まれますが場合によっては、施術をする事にこだわるよりも会話をした方がずっと落ち着いたという様なケースもあるという事を認識しておいた方が良い部分です。

本部からのサポートの活用方法

定期的な勉強会や研修会が開かれているフランチャイズで仕事を始めると随分楽になります。他にも、定期的に経営の事も含めて相談に乗ってくれるベテランのアドバイザーが来る制度等があると理想的です。

マッサージの型は色々ありますが、活動エリアによりそれぞれ違いが出て来る物です。成功例も含め、失敗したケース等も勉強会で情報が共有出来れば大きい強みになります。技術的な物ならば次から自分の仕事に即活用していく事も出来ますし、失敗したケース報告ならば予防法の準備が出来ます。

自分と活動エリアの性質が近い人を見つけられたら、定期的に相談し合う体制を作る事等も不可能ではありません。技術の習熟に関しても、マッサージは人に施術しなければなりませんが毎日やっていると惰性になってしまう様な部分も出て来ます。

気づかない間に変な癖が付いている事も多く、そういった時に熟練者や柔道整復師や理学療法士等の有資格者に問題点を指摘して貰ったり、新しい技術を教えてもらう事は大きいメリットと言えます。後は勉強会を待つだけの時間が無い緊急時の対応に、アドバイザーが居るというなら申し分ありません。

どういうマッサージ技術で営業するか

訪問マッサージと言っても色々な種類があります。国家資格である柔道整復師や按摩マッサージ師等の場合はある程度標準化されているとも言えますが、技術によって性質上の得意不得意の症状が出て来ます。

訪問マッサージで活動するエリアによって、必要とされる技術も変わりますが、出来るだけ自分のマッサージと相性が良い所で活動する事も成功のコツと言えます。これは、そういった相性の判断が出来る程度には、マッサージの技術を徹底練習しておく事が開業の必須条件であるという事でもあります。

相性の悪い症状に無理に施術をすれば、事故のリスクが増えます。施術をした時に自分の思った様な反応が出なかったり、相手が変わった反応をする事もあります。そんな時に施術者はその理由にある程度の見当を付けなければいけません。

沢山考えた結果が、不可抗力で自分ではどうしようもない部分にあると出た場合は限界がある事を早い段階で認めて他の方法に入った方が事故のリスクは最小限で済みます。自分の技術と相性が良い症状が多い所での活動でしたら、不可抗力の出来事との遭遇がだいぶ減りますので、可能な限り押さえておかなければいけないポイントです。

 

エリアによって訪問マッサージに何を求めるかという部分で差が出ます。その結果、相性の良い技術とそうでない技術が出て来るのでマーケティングを重視するフランチャイズと契約した方が良いという事です。

その上で、定期勉強会等で成功例と失敗例の共有が出来て、定期的にアドバイザーによるサポートがあるのでしたら、理想的と言えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧